東京を中心に活動する唄歌い「どさんぴん」がコレクションする貴重な美しいヴィンテージ・ギターを豊富な写真でご紹介します。ヴィンテージ・ギターに興味のある方は必見ですぞ!!
by dosanping
DOSANPIN PILLOW TALK
★ 楽器に関連した話をほんの少しだけ
  01 | 02 | 03 | 04
VINTAGE GRETSCH GUITARS
★ '55年製 6130 ROUND UP→
☆ '56年製 6196 COUNTRY CLUB
☆ '56年製 6136 WHITE FALCON
☆ '56年製 6120 deep body

★ '56年製 6120 deep body→
☆ '57年製 6129 SILVER JET
★ '57年製 6131 DUO-JET→
☆ '58年製 6136 WHITE FALCON
☆ '59年製 6119 TENNESSEAN

★ '59年製 6120 deep body→
★ '59年製 6120 medium body→
★ '60年製 6120 medium body→
☆ '60年製 6122 COUNTRY GENT
☆ '61年製 6120 thin body
☆ '63年製 TWIST
☆ '64年製 6120 double cut
☆ '64年製 6119 TENNESSEAN
☆ '65年製 6137 WHITE FALCON
☆ '65年製 6126 ASTRO-JET
☆ '67年製 6104 RALLY
☆ '68年製 6187 VIKING
OTHER VINTAGE GUITARS
☆ '56年製 Gibson Les Paul Special
☆ '63年製 Epiphone E230TD Casino
☆ '67年製 Rickenbacker 360F/12
☆ '66年製 Epiphone E230TD Casino

★ '68年製 Rickenbacker 370WB→
☆ '60s年製 Vox Starstream
☆ '74年製 Fender Telecaster Thinline

VINTAGE ACOUSTIC GUITARS
☆ '39年製 Gretsch Syncromatic
☆ '46年製 Gibson J-45
☆ '49年製 Martin D-28
☆ '55年製 Gretsch Rancher
☆ '57年製 Gretsch Rancher
☆ '62年製 Gretsch Rancher
☆ '64年製 Epiphone Texan
☆ '67年製 Gibson J-45
☆ '67年製 Gibson B-25
VINTAGE UKULELE
☆ '20s年製 Martin Style 3M
☆ '20s年製 Martin Style 3K
☆ '60s年製 Gibson UK-1

楽器店リンク
★ Hyper Guitars
★ Cloud Collector
★ Thrill On The String
★ Blue-G
★ Woodman
ライブハウスリンク
★ Acoustic Live Bar 36°5
★ 7th Floor
★ Live Bar 440
どさんぴん PROFILE
本 名:山下裕美
出 身:大阪府堺市
生 息:東京都渋谷区
本 職:広告意匠士
ブログ:便所の中のどさんぴん











































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Condition:NM ★★★★☆

f0233236_22423093.jpg
f0233236_22433173.jpg
1960年製 GRETSCH 6120[SN:35460]medium body
一般的にGRETSCHのSNによれば30000〜34000'sを59年製造とみなす。その根拠は別として、このことからこのニーマルは60年製ということになる。しかしSN:34999までの個体が59年製モデルということでは決してない。59年のミディアムボディーから61年初期のシンボディーに変更されるまで60年製に変更箇所がまったくないのでそれぞれを区別する必要はないのだが、1960年に取得したフィルタートロンのパテントナンバーがピックアップカバーに刻印され始めだした事から、フィルタートロンP.A.F(特許出願中)がマウントされているか否かで、59年製と60年製を僅かに区別し、パテント刻印なしの個体を総じて59年製(モデル)と認識した方が良い。その点に於いて言えばこのニーマルは、間違いなく59年モデルが姿を消す最期の勇姿であると断言できる。さて、この個体の特出すべき点は、本来ニーマルのネックは3ピースであるところ、これは5ピースになっており、いわゆるダブルラインと呼ぶ貴重で珍しいネックがセットされている点にある。何故イレギュラー的にこのようなネックが存在するのかハッキリとした理由は定かではないが、一説によると、杢などの入り方で反りやすいと思われるネック材の場合に、強度を上げるための策だということが言われている。紹介済みの59年に負けず劣らずの水平フレームを持ち、ボディーカラーのフェイドも少なく、オレンジ色の赤味が強く残っており、Vintageな6120特有の存在感を放つ。

f0233236_22441255.jpg



<MORE DETAILS>




←BACK / INTRODUCTION→ / NEXT→




本資料の一部または全部を事前に許可なく無断で転載することを禁じます。
Copyright 2010 Dosanpin.All Rights Reserved.

f0233236_1933415.jpg

[PR]
by dosanping | 2012-12-29 23:24 | GRETSCH
<< Condition:EX ★★★☆☆ Condition:MINT ... >>