東京を中心に活動する唄歌い「どさんぴん」がコレクションする貴重な美しいヴィンテージ・ギターを豊富な写真でご紹介します。ヴィンテージ・ギターに興味のある方は必見ですぞ!!
by dosanping
DOSANPIN PILLOW TALK
★ 楽器に関連した話をほんの少しだけ
  01 | 02 | 03 | 04
VINTAGE GRETSCH GUITARS
★ '55年製 6130 ROUND UP→
☆ '56年製 6196 COUNTRY CLUB
☆ '56年製 6136 WHITE FALCON
☆ '56年製 6120 deep body

★ '56年製 6120 deep body→
☆ '57年製 6129 SILVER JET
★ '57年製 6131 DUO-JET→
☆ '58年製 6136 WHITE FALCON
☆ '59年製 6119 TENNESSEAN

★ '59年製 6120 deep body→
★ '59年製 6120 medium body→
★ '60年製 6120 medium body→
☆ '60年製 6122 COUNTRY GENT
☆ '61年製 6120 thin body
☆ '63年製 TWIST
☆ '64年製 6120 double cut
☆ '64年製 6119 TENNESSEAN
☆ '65年製 6137 WHITE FALCON
☆ '65年製 6126 ASTRO-JET
☆ '67年製 6104 RALLY
☆ '68年製 6187 VIKING
OTHER VINTAGE GUITARS
☆ '56年製 Gibson Les Paul Special
☆ '63年製 Epiphone E230TD Casino
☆ '67年製 Rickenbacker 360F/12
☆ '66年製 Epiphone E230TD Casino

★ '68年製 Rickenbacker 370WB→
☆ '60s年製 Vox Starstream
☆ '74年製 Fender Telecaster Thinline

VINTAGE ACOUSTIC GUITARS
☆ '39年製 Gretsch Syncromatic
☆ '46年製 Gibson J-45
☆ '49年製 Martin D-28
☆ '55年製 Gretsch Rancher
☆ '57年製 Gretsch Rancher
☆ '62年製 Gretsch Rancher
☆ '64年製 Epiphone Texan
☆ '67年製 Gibson J-45
☆ '67年製 Gibson B-25
VINTAGE UKULELE
☆ '20s年製 Martin Style 3M
☆ '20s年製 Martin Style 3K
☆ '60s年製 Gibson UK-1

楽器店リンク
★ Hyper Guitars
★ Cloud Collector
★ Thrill On The String
★ Blue-G
★ Woodman
ライブハウスリンク
★ Acoustic Live Bar 36°5
★ 7th Floor
★ Live Bar 440
どさんぴん PROFILE
本 名:山下裕美
出 身:大阪府堺市
生 息:東京都渋谷区
本 職:広告意匠士
ブログ:便所の中のどさんぴん











































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


DOSANPIN PILLOW TALK ☆ 03

MONEYf0233236_2111528.jpg
或る日、楽器屋に行くと常連と思われる客が大きな声で愚痴っている。気に入ったオールドギターの値段が高いと仲間と一緒に愚痴っている。こんな値段で流通していることを嘆いている。さも自分は客の代表だという顔で吠えている。なるほど楽器は高価だ。良い物になると30万円以上するなんてザラだ。特にヴィンテージと呼ばれるオールドになると、値段などはもはや参考程度に考えるべきだろう。どれだけ楽器としての価値を認め、自らもその価値を見い出せるか次第だ。言ってみれば、男一匹、吉原で女を身請けするぐらいの覚悟がなければダメだ。「美しい音色が気に入ったのでぜひ欲しいのだが、100万円もするんじゃ手が出ない。せめて30万円なら。」と考えるのであれば、その彼は30万円で購入できる楽器で十分だろうし、「オイラの人生を表現するにはこのギターが必要なんだ!100万円は出せないから50万円にしろ。」と言うのであれば、彼の人生も半額にして欲しい。本当に価値のある物と出会ったのであれば、最大の敬意を払うべきだと思っている。たかが紙に印刷しただけにしては便利だが、金そのものに価値などはない。それでも存在している意味があるとすれば、そうやって人を選別する道具であるという単純な事実だけだろう。今デフレの世間では、「対価」という概念を見失っている。


←BACK / INTRODUCTION / NEXT→

f0233236_1933415.jpg

[PR]
by dosanping | 2010-04-08 21:01 | PILLOW TALK
<< DOSANPIN PILLOW... DOSANPIN PILLOW... >>