東京を中心に活動する唄歌い「どさんぴん」がコレクションする貴重な美しいヴィンテージ・ギターを豊富な写真でご紹介します。ヴィンテージ・ギターに興味のある方は必見ですぞ!!
by dosanping
DOSANPIN PILLOW TALK
★ 楽器に関連した話をほんの少しだけ
  01 | 02 | 03 | 04
VINTAGE GRETSCH GUITARS
★ '55年製 6130 ROUND UP→
☆ '56年製 6196 COUNTRY CLUB
☆ '56年製 6136 WHITE FALCON
☆ '56年製 6120 deep body

★ '56年製 6120 deep body→
☆ '57年製 6129 SILVER JET
★ '57年製 6131 DUO-JET→
☆ '58年製 6136 WHITE FALCON
☆ '59年製 6119 TENNESSEAN

★ '59年製 6120 deep body→
★ '59年製 6120 medium body→
★ '60年製 6120 medium body→
☆ '60年製 6122 COUNTRY GENT
☆ '61年製 6120 thin body
☆ '63年製 TWIST
☆ '64年製 6120 double cut
☆ '64年製 6119 TENNESSEAN
☆ '65年製 6137 WHITE FALCON
☆ '65年製 6126 ASTRO-JET
☆ '67年製 6104 RALLY
☆ '68年製 6187 VIKING
OTHER VINTAGE GUITARS
☆ '56年製 Gibson Les Paul Special
☆ '63年製 Epiphone E230TD Casino
☆ '67年製 Rickenbacker 360F/12
☆ '66年製 Epiphone E230TD Casino

★ '68年製 Rickenbacker 370WB→
☆ '60s年製 Vox Starstream
☆ '74年製 Fender Telecaster Thinline

VINTAGE ACOUSTIC GUITARS
☆ '39年製 Gretsch Syncromatic
☆ '46年製 Gibson J-45
☆ '49年製 Martin D-28
☆ '55年製 Gretsch Rancher
☆ '57年製 Gretsch Rancher
☆ '62年製 Gretsch Rancher
☆ '64年製 Epiphone Texan
☆ '67年製 Gibson J-45
☆ '67年製 Gibson B-25
VINTAGE UKULELE
☆ '20s年製 Martin Style 3M
☆ '20s年製 Martin Style 3K
☆ '60s年製 Gibson UK-1

楽器店リンク
★ Hyper Guitars
★ Cloud Collector
★ Thrill On The String
★ Blue-G
★ Woodman
ライブハウスリンク
★ Acoustic Live Bar 36°5
★ 7th Floor
★ Live Bar 440
どさんぴん PROFILE
本 名:山下裕美
出 身:大阪府堺市
生 息:東京都渋谷区
本 職:広告意匠士
ブログ:便所の中のどさんぴん











































その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Condition:MINT ★★★★★

f0233236_21182483.jpg
f0233236_21192755.jpg
1968年製 RICKENBACKER 370WB[SN:HE-973]
ファイアーグローの美しいシェイプを際立たせる1968年製「370」。64年以降は通常ラウンドボディーが主力で、このようなオールドスタイルの「WB(ダブルバインディング)」は大変珍しく、出会う機会はほとんどない。この時代のクラッシュパールインレイ、トースターピックアップ、スモールヘッド等は現行リプロダクトでは決して味わう事が出来ないヴィンテージの醍醐味だろう。さて、音に「正しさ」を求める諸兄も多いだろうが、ルックスやカラダと呼応する感覚で、音の印象はアッという間に変わる。その意味で言えばこのRicというメーカーは五感の中でも特に「嗅覚」で味わう楽器のような気がしてならない。P-90等に代表される筋肉質な胸板に抱きしめられる様な味わいではなく、サウンドの線は弱々しくて繊細。レスポンスを受け付けようとしないタイトなネック。その上ボディーバランスの重心が定まらない亊もあり、不安定極まりなく大変扱いにくい楽器だと言っても差し支えないだろう。敢えて恐れずに言えば、楽器として「正しくない」のである。しかしこれまで多くのギター小僧達を虜にし、マージービートからモッズカルチャーまでそのサウンドが淘汰されることはなく、ブリテッシュロックにはかかせない「匂い」を今もなお醸し続けている。その痛々しくも怪しく匂い立つミッドハイの響と、およそ楽器として描かれたとは思えない面構えと相まって、その不真面目な「正しくない」ギターはロックのイコンへと昇華した。もはやRicを相棒にするということは、アンチヒロイズムな生き方を選択すると言っていい。だからお願いだ、Rickenbackerをぶら下げるなら、頭デッカチなラブソングだけは、歌わないで欲しい。

f0233236_21203159.jpg
<MORE DETAILS>
←BACK / INTRODUCTION→




本資料の一部または全部を事前に許可なく無断で転載することを禁じます。
Copyright 2010 Dosanpin.All Rights Reserved.

f0233236_1933415.jpg

[PR]
by dosanping | 2010-06-04 21:25 | RICKENBACKER
<< Condition:EXF ★... DOSANPIN PILLOW... >>